この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 
結果を出す経営人とはどちらのタイプでしょうか?

①業績をUPするために必要な知識・スキルを得るために、
   日々の業務をこなしながらも学び続け、全てを完璧にマスターする。
   何もかも一人でこなす完全無欠のスーパーマン!
   スポーツで言えば守備も攻撃も何でもできる超万能選手。

②自分に足りない知識は知っている人に聞く、自分が出来ない事は
   出来る人に頼む。
   スポーツで言えば勝利のために、自分の欠点を自覚し、足りない所を
   仲間に助けてもらいながら試合を支配するゲームメーカー。

①を選んだ方は、このHPをこのまま閉じて下さい。
   私が伝えられる有益な情報はありません。

②を選んだ方はこのまま読み進めてください。
   少しでもためになる内容があるかもしれません。
 
今の世の中
物が溢れ飽和状態…
周りを見回しても似たようなお店ばかりで
お客様もどこを選ぶか決め手がない…

それでも!
こんな時代に
売り上げを伸ばす会社ってどんな会社!?

マーケット(市場)は3つのCで成り立っています。
 ・  顧客(Customer) 
 ・  競合(Competitor) 
 ・  自社(Company)

この三角関係から自社を繁栄させるには
競合(Competitor)から顧客(Customer)を
奪い取らなければなりません。
ライバルとの激しい戦いの中でお客様に選んでもらえる決め手となる、
これだ!と言うあなたの会社の強みはありますか?
更に新規参入が相次ぎシェアが割れていけば
あなたの会社はどうなるでしょうか?
100年に一度の大不況と言われて随分経ちます。
一部では景気回復の兆しと言われていますが、未だに
経済回復の恩恵を味わえていない事が
現状ではないでしょうか?
 
   商品・サービスが売れずに売り上げは右肩下がり。
   既存顧客を維持出来ずにライバルに取られていく…
   ならば新規顧客開拓!と意気込んでも
      なかなか集客が上手く行かない…
   社内のチームワークはバラバラ…
   月末が怖い。
   資金繰りに追われ経営者のやるべきことに集中出来ない。

2つ以上当てはまれば注意が必要です。

ご存知でしょうか・・・

日本企業の約75%が赤字だと言う事実を…
平成14年から10年間で約68%~75%の間で推移し、
年々増加しています。

この数字を見てあなたが思うことは

約75%が赤字か…
ほとんどの企業が苦しんでいるんだなぁ…
と感じているかもしれません。

!?

ここでピン!ときたあなたは素晴らしい目を持っています。
そうです、約75%が赤字でも残りの25%は黒字なのです!

このような状況下でも高収益を確保し、
売り上げをUPし続けている会社はあるのです。
 
   経済不況も何のその、業績は右肩上がり!
   新規顧客開拓に成功し見込み客は増える一方!
   経営者もニコニコ、社員もニコニコ!
   会社も笑顔だからお客様も笑顔に!

全く対照的な赤字経営75%と黒字経営25%の会社…

その違いは何がもたらすのでしょうか?

商品・サービスの質でしょうか?
いいえ、違います。
この競争が厳しい経済社会で戦い。
このHPをここまで読んでくださっている
あなたが商品・サービスの質で劣ることはありません。

・   資本力の差?
いいえ、違います。
確かに、資本力がある方が有利であることは紛れもない事実です。
しかしながら資本力の差ですべてが解決するのなら今の世の中、
資本力を持つ企業が全てを支配しているのではないでしょうか?

答えは …

実はたった一つしかありません。

売れる仕組みが会社にシステムとして組み込まれているかどうかです。
 
はぁ!?

そんな当たり前のこと??

と今この瞬間あなたは思っていることでしょう…

しかし、考えてみて下さい。

今、あなたの会社に売れるマーケティングシステムが存在しますか?

周りの会社、友人・知人の会社で売れる仕組みを上手にまわしている
会社がいくつあるでしょうか?

おそらくほとんど存在しないはずです。

先程申しました通り、現代の日本経済のなかで赤字の会社が
約75%も存在する理由がココにあるのです。

みんな頭では分かっているのです。

売れる仕組み(マーケティング)が大事だと言う事を。
 
この質を高めれば会社経営は上手く行く確率が高まると…

しかし、何故多くの会社が赤字で苦しんでいるのでしょうか?

答えは簡単です。

『 実践 』していない。

理由はこれだけです。

顧客からすれば、似たような会社ばかりで、選ぶ決め手がない…

そのような顧客が、あなたの会社を選んでくれるためには、
選んでもらえる仕組み、経営者が売れる仕組みを構築し
実践する必要があります。

実は、そのような仕組みは本気で取り組めば1か月もあれば
作り上げることは可能です。

しかしながら、売れる仕組みは一つひとつのパーツが組み合わさって

その効力を発揮します。

そのためには共に働く社員の理解が必要です。
 
この売れる仕組みを構築し、使いこなすまでにトレーニングを含め
私の経験上、半年は必要となります。

そして、半年後には経営者は当然として、社員までが完全に理解し
スタートできます。

その概要をお伝えしたいと思います。


※売り上げ設計図
 
このように集客〜リピートするまでの流れを理解することが大切です。

そして、ここからはストーリーの力を使った
ストーリーマーケティングのメゾットをお伝えします。
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

登録フォーム

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
*
(確認用)
*
*
*