売上アップを実現させる目標達成の確率を上げる方法

目標達成の確率を上げる方法

売上アップを実現させる方法の一つは、
1・3・5年後の目標を設定し、目標達成の
実現率を高めるため未来組織図を先に作ることです。

これは数値目標にも同じことが言えます。

通常であれば、
目標を作る際は
売上げ目標から決定し
粗利目標、経常利益と
決算書の上から順に決めていく
目標設定方法を用いると思います。

そうではなく
下から決めていく方が
より確実な目標設定
目標達成に繋がります。

数値目標では、
決算書の下から
決めてます。

いくら利益が欲しいのか?

経常利益から決定し
見込む経常利益を
叩き出すには
どれほどの粗利額を要し
どれだけの売り上げが必要なのか?

そして、
どれくらいの規模の会社組織に
しなければならないのか?

このように
より具体的に、
より現実的な
数値が出てきます。

ここで出てきた組織作り
ですが、簡単なようで
実はとても重要で難しい
作業となります。

目標を達成させるために
理想の組織図を先に作るのです。

売上が倍になったからと言って
社員数が倍必要か?
と言うと、そうではありません。

効率を良くするために
部門整理を行うのか。

管理職の人員はどの艇が理想的か。
など、生産性を考慮し決定させて
いかなければなりません。

未来組織図を作ることのメリットは
2つあります。

一つ目は、
先に理想の組織図を作る訳ですから
当然、その組織図には空欄が存在します。

その空欄に当てはまる人材を
採用し、育てていくのです。

未来の組織図が明確になれば
どの空欄にどのような人材を
配置すればいいのか。
どのような人材を採用すればよいのかが
明確になります。

話を単純化すると
男性社員はあと何人必要か。
女性社員はあと何人必要か。
と言うところまで細分化されます。

ここまでわかるとロスは出ません。
効率的な採用が実現します。

2つ目のメリットは、
社員へのメッセージ効果です。

未来組織を完成させ、
経常利益から導き出した
売り上げ、粗利目標
空欄のポスト、その報酬

これを事務所内に張り出します。

これをすることにより、
社員としても、目指すべき会社の姿
が見えてます。

未来組織を実現させるためには
今何時社員で何をやらなければならないのか?
を考えだし、様々な効率化、問題解決法など
スピードが格段に上がります。

更に、
出店計画などが加わると
その空欄である店長、責任者を
目指す若手社員も出てきます。

すなわち、
未来組織図を作ることにより
社員のやる気を引き出すことが出来るのです。

※この記事が少しでもお役に立てれば

応援クリックをお願いします!
 ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村
 ⇓ ⇓ ⇓

マーケティング・経営 ブログランキングへ

■このブログのご感想もお待ちしております^^

ぜひ、率直なご感想をいただけたら嬉しいです!
下記のボタンをクリックし、お進みいただくとすぐにご回答いただけます。

 
■新道が配信しているメールマガジン

【人を魅了するあなただけのオリジナルストーリー】が創ることが出来る、明日から毎日届く7日間のメールセミナー形式。さらに!この7日間のメール講座をより充実させるために役立つ3つのプレゼントもご用意いたします。

  1. 【3幕構成12ステップと17の質問に答えるだけで人を魅了するあなただけのオリジナルストーリーが完成するフレームワーク】
  2. 【あなたのミッションを導き出す12の質問】
  3. 【90日で出来る常識破りの6ステッププログラム戦略チャート】

役立つ各種資料を無料で手に入れることができます!

【人を魅了するあなただけのオリジナルストーリーの創り方】

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

自身、2つの会社の社長経験を持つ。 ・社員のベクトルがバラバラでまとめきれない… ・社長が全てやらなくてはいけない状態から抜け出したい… ・数値で管理できる経営が出来たら… と経営の行き詰まりに悩む2代目社長の為に『90日間で出来る常識破りの経営革新6ステッププログラム』を提供し活動している。